ひなた歯科 ひなた歯科|尼崎イオンモール尼崎店にある一般治療・小児治療にこだわる歯科医院。土日も診察



     
トップページ > 診療案内

     
※上のボタンをクリックすると各説明にスクロール移動します。


虫歯の治療」として、歯科診療全般における治療を指しますが、主に皆さんが把握しておられる、削って詰める、銀歯を入れる、深い虫歯の根の中の治療をして歯を残す、銀歯をかぶせる、入れ歯を入れる

歯周病の治療」として、歯石の除去、歯肉炎の改善、プラークコントロールのためのブラッシング指導、などを行う事を意味します。
治療に入る前にはブラッシングを毎回行うことによって、汚れをおとした状態で治療にのぞむとともに、歯磨きの重要性を再認識していただくように心がけております。

また初診時には患者様の
口腔内写真の撮影を行い、現状をみていただくとともに、これからの治療方針についてしっかり説明させていただくようにしています。

そしてなるべく痛くないように、なるべく削らないように、
必要最小限の治療を心がけています。
 



歯周病は成人の80%以上の方がかかっている、もしくは予備軍であると言われており、歯を失う大きな要因にもなっています。歯周病が生じる原因は、歯周病菌が排出する毒素。この毒素の影響により歯ぐきの炎症・顎の骨の溶解を引き起こし、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は「歯を支える顎の骨を溶かす病気」であり、身近な病気でありながらも大変恐ろしい病気と言えるでしょう。

《歯を失う原因のワースト1は歯周病です》
30歳まででは歯を失う原因として一番多いのは虫歯ですが、30歳以上では歯周病が原因として一番多くなっています。34~44歳の人ではおよそ80%、45~54歳では85%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。

《歯周病の原因は感染症です》
口の中は細菌がいっぱいです。歯磨きが正しく行われず、食べカスが残っていると細菌はこれをエサに増殖し、プラークと呼ばれる菌塊をつくります。このプラークが歯肉や歯を支える歯槽骨、セメント質、歯根膜などに炎症を起こします。この細菌因子に喫煙などの環境因子、病気(糖尿病など)、噛み合わせなどがからみあって、歯周病が悪化します。

《痛くならないからこそ危険!3ヶ月〜6ヶ月に1度は定期検診を!》
歯周病は、歯のまわりを包んでいる歯肉の炎症から起こります。歯の表面に歯垢がついたままにしておくと、歯と歯茎の間の歯周ポケットに歯垢が入り込み、歯肉が赤く炎症を起こします。これが歯肉炎の状態です。この状態の時には歯磨きをしていて出血がまじることもあります。この歯肉炎を放っておくと炎症がさらに進んで歯を支えている骨を徐々に溶かし、そのうちに歯が動くようになり抜けてしまうのです。 これが歯周病です。

虫歯と違い歯周病は初期の段階では痛くならないいため、気付かないうちに進行してしまいます。
定期的に歯の検診を受けられることをおすすめします

 




子供さんたちの歯科治療と、大人の人の歯科治療とは大きく違う点がいくつかあります。
まず、歯科治療に対しての不安と恐怖心が有ると、治療中に急に動いたりお口を閉じたりして危険なために歯科治療を中断したり、簡単な応急処置そのものができなくなったりします。
また、大人のように長時間お口を開いている事は通常無理なために短時間の治療を心がけたり、一つの治療を何回かに分けて治療して行く必要があります。
他にもどこかで医療行為中に痛みを覚えたり怖い思いをした経験がある子供さんは、病院や診療所に行く事そのものを拒否したり嫌がります。
 
その場合は、歯科治療の前にまず歯科医院が怖い所ではない事に慣れてもらう事から始めなければならず、緊急事態を除けば初めての時は、まず歯科医院の雰囲気や歯科治療に使われる機械に慣れてもらう練習や、子供さん本人と我々スタッフがお友達に成って慣れてもらうために、何回か通ってもらう事から始めて行きます。

《フッ素塗布》
フッ素が歯の表面から取り込まれると歯の結晶の一部となります。そしてフッ素が取り込まれた歯は虫歯菌が排出する酸に強くなります。また、フッ素には歯の再石灰化を促し、エナメル質を補修する働きも。虫歯予防のためにお子様の歯には定期的なフッ素塗布をおすすめしています。


《シーラント》
歯の表面の汚れはブラッシングやデンタルフロスなどでほぼ取り除けますが、歯の溝の汚れは、これらだけではなかなか除去しにくいもの。そこで、その溝をプラスチックで埋めてしまう処置がシーラントです。子どもの歯は特に溝が多く深いため、シーラントが効果的です。歯の溝を埋めることによって、虫歯になるリスクを少なくして、虫歯の予防を行います。




失った歯を補う方法として、もっとも一般的なものは入れ歯による治療です。入れ歯治療は短期間で歯を補える上に、手術を必要とするインプラントと比べても治療費が安く抑えられます。

まず保険診療でお作りできる入れ歯をおすすめしています。噛み心地の良さに重点をおき、それまでに使っていた入れ歯よりもできるだけ良いものをご提供いたします。もちろんご希望があれば自費診療での入れ歯もお作りできますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯には、保険が適用されるものとそうでないものの2種類があります。両者の大きな違いは素材と構造。保険診療の入れ歯は最低限の機能回復が目的とされているので、これらに制限がありますが、自費診療の入れ歯は制限がなく、見た目などにもこだわってお作りすることが可能です。
 




口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。
この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。
この領域の異常は、な障害も生じます。治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。

 
《親知らずの抜歯
歯茎に埋まっていたり、傾いている親知らずも確実な検査・診断をして対応できますのでご安心ください。

《口腔粘膜疾患
主な疾患として前癌病変の白板症、紅板症、扁平苔癬、アフタ性口内炎、カンジダ感染症があります。
痛みなどのサインがない場合もありますのでお気を付けください。


《顎関節症
あごが鳴ったり、痛んだり、口が大きく開かなかったりして いませんか?
この3つの症状があると顎関節症の可能性が高いです。 お早めにご相談ください。


《歯周外科
歯周病によって崩壊がおきた歯、歯肉、骨などを外科的な処置に より綺麗に形態修正又は再生を促すことができます。

《小帯切除
子供の上唇や舌についてる小帯異常を切除します。




「審美」とは、[美しいものと、そうで無いものとを見極める]と言う事だそうですが、歯科医療においては、美しさを追求するための治療、見た目を良くするための治療とでも言えましょうか?

審美歯科治療としては、歯並びを治す「矯正治療」や、前歯の歯の色をきれいに見せるための「ホワイトニング・ブリーチング治療」や、前歯が無いために見た目や発音に支障が有る人の「欠損補綴治療」として「インプラント補綴」「部分床義歯・全部床義歯補綴」の治療法が有ります。

 
また、前歯部の今までに被せた人工の歯の色や形が不揃いで気に成るとか、歯茎との境目が浮いて来て隙間が出来てしまった歯に対して1本~数本、中には8本~上下12本同時に全て揃えてセラミックのきれいな白い歯に変えてしまうような美容整形治療の様な事までが、審美歯科治療の内容と言えるのでしょう。
さらには、最近の歯科治療と言うよりは、「お口のエステ」のような感覚で、PMTC(歯科のプロフェッショナルによる機械的歯面清掃・クリーニング)を定期的に受けられる都会のOLさんや若い男性の方々までが、現在は歯科医院を受診しています。
当医院も、皆様のお口の健康と美的感覚の回復のお手伝いができるように、スタッフ一同で日々取り組んでおりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

審美治療の処置前と処置後ついて





歯のホワイトニングは「歯を削らない」「痛くない」「麻酔もしない」という三拍子揃った治療法で、アメリカではもう当たり前の治療法となっており、最新の報告ではアメリカ全歯科医院のうち95%の医院がホワイトニング治療を行っています。

《歯の変色が起きる原因について
いわゆる茶渋と呼ばれている食品などに含まれる色素が歯の表面に沈着して歯の色が変色する事があります。タバコを吸われる方はヤニが付きやすいですね。毎日のお手入れによって着色を防止することは可能ですが一度ついた着色は普段のお手入れでは取れなくなることもあります。この歯の表面の着色であればホワイトニングを受けなくても歯科医院での専門的な歯のクリーニング(PMTC)で歯をきれいにすることができます。
 
《加齢による変色の原因について
いくらお手入れに注意していても年を重ねるごとに歯の色は黄ばみを増してきます。また生まれつき歯が黄色い方もいらっしゃいます。この加齢による黄ばみや生まれつきの黄色い歯は表面から変色が進んでいる場合が多いので実は歯のホワイトニングがとても効果的なんです

《薬剤などの影響で起きる変色原因について
歯の変色の原因が薬剤や外傷や病気による場合は深部から変色している事が多いです。
有名な薬剤にテトラサイクリンがあげられます。このテトラサイクリンは抗生物質なのですが昭和40年代によく処方されていました。あなたが小さい時もしくはあなたのお母様が妊娠中にこの薬剤を大量に服用すると歯が茶色や黒く変色したり横縞が目立つ変色になる場合があります。このテトラサイクリンの変色は中程度以上ではホワイトニングの適応外と言われています。また外傷などで歯の神経を取った歯の変色も内部からの変色のため通常の歯のホワイトニングでは効果が出しにくいことが多いです。
 




















 
 
歯科名 ひなた歯科  
住 所 兵庫県尼崎市次屋3-13-18  
    イオン尼崎店ショッピングモール203号  
診療時間 午前|09:30〜12:30
 
    午後|14:30〜19:30  
診療科目 一般歯科・小児歯科・
口腔外科・審美歯科
 
駐車場 イオンモール駐車場有り  
電話番号 06-6480-5558  
休診日 水曜日・夏季・年末年始  
  臨時休診がある為、来院の際はご連絡お願いします。